CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スローニン (吉田 聡) 小学館(大都社)
なんだかエラく間を空けてしまいました。ごめんなさい。

今回ご紹介するのは吉田 聡の「スローニン」です。
吉田 聡といえば、古くは「湘南爆走族」近作では「荒くれKNIGHT」などで知られる作家ですが、「湘爆」から「荒くれ」の間にある作品について、あまり多くを語られていないような気がします。

そこで取り上げたのが「スローニン」なんですが、この作品は「湘爆」終了後しばらく経ってからビックコミックスピリッツに連載されました。初の青年誌連載です。
僕は吉田 聡のベストを挙げろと言われたら迷わずにこれを挙げます。それほど僕にとって思い入れの深い作品です。

主な登場人物は、元甲子園球児で、現在大学2浪中の「ラッキュー」こと諏訪 大吉、そして元超高校級ラガーマンで、現在何でも屋として放浪中の「コッセツ」こと武藤 兵庫、この二人を軸としてお話が展開してゆきます。

ある日チンピラにカラまれているラッキューのピンチを、ふとしたきっかけでコッセツが救ったところからお話は始まります。
何時の間にやらラッキューの下宿先に居候して何でも屋稼業を始めるコッセツ。浪人生であるラッキューは当然イイ顔をしませんが、持ち前の人の良さからついついコッセツの手伝いをするハメになります。 

ところで二人の珍妙なあだ名についてですが、ラッキューとは落球の事で、甲子園決勝戦において、ライトフライを落球し、逆転負けを喫してしまったが故に付けられた不名誉なあだ名です。
同じくコッセツも、ゴールに向けてトライを決める直前に敵チームのディフェンスを何人も引きずったままゴールポストに激突してしまい、体中を複雑骨折してしまった為に付いたあだ名です。

この二人に共通していることは、あと一歩という所で栄光を攫めず、不完全燃焼のまま十代を終えてしまったという所です。この報われない十代という設定は今までの吉田漫画には無かったもので、「湘爆」以後の「物語」を積極的に書いて行こうという作者の意気込みの感じることが出来ます。

「湘爆」のように学校というある意味守られた空間ではなく、高校を卒業した後も辛い過去に囚われたまま二十歳になってしまった、そんな登場人物達の焦りと足掻きを吉田 聡は「スローニン」で描こうとしたのです。

ラッキューもコッセツも不器用な若者です。相手に気持ちを上手く伝えられない、解って貰おうと一生懸命になっても、思春期特有の妙なプライドが邪魔をしたり、向こうから折れてくれることを期待してしまいます。この「不器用さ」というものを描くことが吉田 聡は天才的に上手いです。男同士の不器用な友情を描かせたらこの人が一番だと思います。

「スローニン」とは結局、報われない十代を過ごし、今でもなお足掻いている人達全ての総称でもあります。今の時代でしたらモラトリアムと言う便利な言葉がありますが、スローニンにはモラトリアムという言葉に漂う諦めの感情がありません。もっと積極的な、理想としている自分に一歩でも近づきたいという前向きさを感じます。

個人的に反吐が出るほど嫌いな言葉に「自分探し」というモノがあるのですが、ラッキューもコッセツも本当は自分の理想は自分の中にしか無いということを知っているのです。二人ともきっかけを見つけた後はもう迷いません。ラスト近くに、コッセツが浜辺に大きく「さよなら」と書いて海に流した後、今度は「オレはここだ!」と書く場面があるのですが、これなどはその代表と言えるでしょう。

もう一つ特筆するべき事として、この作品には「夏」が大きく取り上げられています。
夏のうだる様な暑さと、眩しい日差し、道の先で霞む蜃気楼など、どんな季節に読もうとも、読み手に強く夏をイメージさせます。これは「スローニン」のもう一つの持ち味として印象を残します。

僕がこの漫画を初めて読んだのはもう十年も昔のことですが、何度読み返しても変わらない夏の匂いを感じます。十代の頃よりも時間が経過している分、突き放した目で読めるかと思ったのですが、二十代も終わりに近い今現在の方が感慨深かったです。オッサンになったといえばそれまでですが。

もし、僕のこんなレビューでこの漫画を読んでみようと思ってくださったなら、一度全部読んだあと、何年か経ってから読み返してみてください。思い出はたとえそれがどんなものであれ熟成し深みを増して行くものだ、ということが解ります。

誰にでも十代という特別な時期があって、その中で得たものは重い荷物となってその後の人生に圧し掛かってきます。当時は投げ捨てたくなるような荷物でも、時が経つにつれほろ苦い懐かしさを感じるようになります。不思議ですね。

十年経った今読み返してみても、ラッキューはラッキューで、コッセツも相変わらずでした。当たり前なんですけど。でも、この変わりなさが逆に「スローニン」を古びさせずに残しているのです。まるで十年来の友達にあったような気持ちでした。

もうじき夏が終わります。一年の内でちょうど今が旬の漫画です。宜しければ、是非。
来年から少しだけ夏が待ち遠しくなること請け合いです。


(真縞)


| 真縞 | 13:43 | comments(3) | trackbacks(0) |
岸和田博士の科学的愛情 (トニーたけざき) 全12巻 講談社
 素晴しきよみまん来訪者の皆様、真縞でございます。このクソ暑い日々如何お過ごしでしょうか?

 今回皆様にご紹介させて頂く漫画はSFギャグというすこしふしぎなスメル満載の漫画なワケですが…SF…さいえんすふぃくしょん…すこしふしぎ、そしてギャグ。

 毎度のことですが、僕の拙い文章で全てを伝えきれるワケも無いので、もう今回は今まで以上にイキオイだけで突っ走ります。首都高逆走ばりに。

 主人公は自称「科学という名の悪魔に魂を売った」岸和田博士という怪人物です。
 IQ375の超天才的頭脳を有し、毎度毎度役に立つのか立たンのか良く解らん発明をしては周囲の迷惑も考えずに暴走しまくり、挙句の果てにはなんとなく結果オーライで終わらせるというのがお話の基本パターンです。
 一応お話は連続しているのですが、単発モノのお話も(特に初期は)多いので、イキナリスッ飛ばして読み始める事も可能です。

一応博士は国防庁の嘱託のような立場ですので、この青く美しい僕らの地球を狙い来る様々な侵略者たちと戦いを繰り広げたりもするのですが。

ところで皆様、質問タイムです。汎用人型決戦兵器、平たく言うところの戦闘ロボットという言葉から、皆様はどのようなモノを想像されるでしょうか。
僕の大胆な予想で言うと、九割方の人がガンダムやらエヴァやらキングゲイナーやら、まあそういったモノを思い浮かべられるかと思うのですが。

しかし、この漫画においてそのような常識は一切通じません。で、どのような人型兵器が登場するのかと言うと、もうまんま人間。人間をそのまんまバカデカくしてパンツ一丁穿かせただけのシロモノ。身長57メートル体重550トン、巨体が唸れば空飛ぶぞ、その名も山野田F−91(後に大破して山野田・ザ・グレートへと生まれ変わる)!!

…えー、わたくしの稚拙な表現能力を抜きにしても、皆様、理解の範疇内でしょうか。
このロボ、細部に至るまでめっさリアルで、ワキ毛・スネ毛はおろか鼻クソやら×××やらこれでもかこれでもかと言わんばかりに再現されております。しかもそれらが全て武器として使用可能なのですよ。今まで数多くの先達が積み上げてきた人型兵器の概念を根底から覆す、というか誰も考えなかったと言うか。ちなみに対人用ミサイルも人型です。

再び想像してみて下さい、そんな人型兵器がワキ毛やら鼻クソやらを撃ち合うシーンを。
痛快ですか?それとも悪趣味でしょうか。多分どちらも正しいです。真実は常にひとつですが、正解はひとつではないのです。そろそろ自分でもワケ解らなくなってきました。

 まー主な敵としては、冷戦状態の続く某大国、人類と違い牛から進化し後に海底王国を築いたモー帝国の皆さん、名も知らぬ星雲のこれまた名も知れぬ星からワザワザ出張して来る宇宙人さんといったお約束な方々、そして助手の安川君をベースとして作られたものの、自我に目覚め、造物主である博士に叛旗を翻した安川2号などなど、中から外から様々な所から敵は出現し、その度に博士は律儀に撃退してゆきます。周囲に被害を及ぼさぬコト無く。

 孤高の天才科学者である博士ですが、何故か彼を慕う者は多く、助手勤続暦25年のチャーリー安川君、お色気担当(助手?)白鳥ぱる子、美人天才助手に憧れるジェニファー(本名、大山田花子)などが博士の助手(実験材料とも言う)として主な被害を被るワケなのですが。
 他にも、国防庁責任者大塚長官、何故かアメリカ人なのに日本国防庁秘書をやっているミス・メロンなども犠牲者として時にフィジカルに、もしくはメンタル的羞恥プレーイをやらされたりします。
特に大塚長官は博士の罪をおっ被せられて岩窟王かアルカトラズかというような孤島のム所に鉄仮面装着で収容されたり(後に脱走しますが)、己のクローンと対決するハメになったり、またそのクローンと分子レベルで結合したりと実に多忙です。普通の人生では出来ない体験ですね、おめでとう!

 ハッキリ言って、大まかな粗筋はこんなトコです。てゆうか、こンだけ知ってれば十分です、オツリがきます。これでいいのだ。
 大事な事は、この漫画全編を貫くパゥワー、それをあるがままに受け止めるコトです。
人生、時には無抵抗主義であることも大切なコトです。

 漫画というものは、特にギャグ漫画というものは個人の感性に大きく働きかける所が多く、ゆえに万人ウケするギャグ漫画などは決して描けるものではない、というのが僕の今思いついた持論ですが、この『岸和田博士〜』は特にその傾向が顕著に現れています。ですが、たとえ読者から嫌われようと疎まれようと己が道を突っ走る、そういった気概がこの漫画には溢れかえっております。このレビューを書く為に約5〜6年振りに読み返したのですが、変わらないパゥワーを感じてわたくし、軽くトリップ致しました。

さあ皆様、長い人生のほんの数日間を棒に振る覚悟完了したならば、全力で一気読みしてみて下さい。今までとはモノの見方が変わります。多分。

(真縞)
| 真縞 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
12色物語  (坂口 尚) 全1巻  講談社漫画文庫
 皆様こんにちは、真縞です。新人なので憶えて頂くのに必死です。
 
 今回ご紹介する漫画は坂口 尚の「12色物語」という短編集です。
 坂口 尚というと、「石の花」「VERSION」「あっかんべェ一休」など、俗に言う長編三部作や、アニメ作品の「火の鳥2772」(この人は手塚治虫の虫プロに所属していました)など優れた作品を遺している作家ですが、今回は長編やアニメといった時間のかかる作品ではなく、取っ付きやすく読みやすい短編集をチョイスしてみました。

 タイトルの12色という言葉が示す通り、それぞれ12の短編に12のイメージとなる色が設定されています。というよりも、まず一つの色から思い起こされるイメージを膨らませて話に仕立て上げたと考えるのが正しいようです。
 たとえば白。白から想像できるイメージは無数にありますが、ここでは雪の色、北国のサーカス一座に流れ着いた孤高のヴァイオリニストのお話。話が展開するにつれ、純白のイメージ「高潔さ」についても言及されて行きます。
  
こんな風に12色のストーリーは時に明るい、時に厳しい世界を垣間見せてくれます。
そのどれもがハッピーエンドと言う訳ではありません。かといって、残る読後感が苦い物かと言うと、決してそのようなことは無く、むしろ満足感の方が大きい筈です。

 坂口 尚という作家は人間を徹底的に見つめ続けた人です。表面上の部分だけでは無く、月並みですが心の奥底まで。その結果、坂口作品は常に読者に対して何かを問いかける作品となっています。しかし、読者はそのことについて常に意識させられる訳ではありません。
 あくまでも軽いものは軽く、重くする時は徹底的に。坂口作品の根底には常に人間への優しさと厳しさが同時に流れており、この短編集一冊を読むだけでもその事は伝わってきます。常に何か訴えるべきことはあるのだけれど、読者にまず読ませることを忘れません。エンターテイメントとメッセージの両立、これは実に稀有な才能だと思います。

 残念なことに、坂口 尚は1995年12月に49歳という若さで亡くなりました。
 多くの作品を遺した訳ではありませんが、それでも一つ一つの作品に込められた情熱は師である手塚にもけして劣らぬものであったと思います。

 (真縞)
| 真縞 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
覚悟のススメ(山口 貴由) 全11巻 秋田書店
 皆様初めまして。主な睡眠場所は電車の中という眠るダメ人間、真縞 静時と申します。
 この度、縁あってこの素晴しきよみまんメンバーの末席に加えて頂く運びとなりました。まだまだ他の先輩方の足元にも及びませんが、今後とも宜しくお願いします。
 
 さて、ご挨拶も済んだところで、記念すべき第一発目にご紹介する漫画は、山口貴由の「覚悟のススメ」です。
 もうすでにあらゆる場所で評価を受け尽した作品ですが、あえてこの作品を紹介しようと思い立ったのは、何かひとつ王道を紹介したいなという思いと、個人的趣味からです。
「あ?『覚悟』が王道?何ゆってんのオメー」などという方もいらっしゃるかもしれませんが、この作品は正しく少年漫画の王道なのです。
 確かにこの作品は色々な意味で読み手を選びます。作者、山口貴由の独特の絵柄や残酷描写、ギャグか本気か判らない台詞回し、更にはきもち右寄りな思想をひしひしと感じ取れる為、キワモノ・異端の烙印を安易に押されがちです。しかし、常に前向きに戦いを続ける覚悟、そしてそんな覚悟を応援し支える級友達。中でもヒロイン・堀江罪子との不器用で淡い恋など、王道の少年漫画として必要な材料は全て揃っています。
舞台は近未来、大震災後の新東京。未だ復旧の目処も立たず、人々は汚染された大気や怪物化、凶暴化した生物達から自分の身を守らなければならない、そんな荒廃した時代です。しかし、人類は希望を失うことなく、復興への道を辿ろうとしています。学生達は自警団を組織し、自分達の学び舎を守る為に戦い、くじけない歌を歌い続けます。
 ある日突然現れた戦術鬼と呼ばれる怪物、それを満身創痍で撃退する主人公、葉隠覚悟。覚悟は零式防衛術という殺人技を駆使し、さらに第二次大戦時に犠牲となった三千の英霊の憑依する強化外骨格と呼ばれる鎧・零を着装することによって、戦術鬼共を葬り去ってゆきます。覚悟は己がどれほど傷つこうと厭わず戦い続けます。何故なら彼の存在理由は力を持たぬ人々を守る事だから。軍人の家に生まれ育ち、幼い頃から徹底した教育を施されてきた覚悟は、人を守る為に自分が傷つく事など問題無いと考えているのです。
 覚悟のこの思想はこの物語を貫くメインテーマです。この漫画の随所に登場する名台詞「覚悟完了」にはたとえ己がどうなろうと守り抜き、戦い抜くという強い意志が秘められています。けして死ぬ事を恐れない訳では無い、しかし死の恐怖すら凌駕する魂、それを「覚悟」という言葉で表しているのです。
 覚悟の戦いが続いていく中で、この作品のもう一人の主人公とも言える覚悟の兄、散(はらら)にもスポットが当たります。自らを「現人鬼」と称し、次々と戦術鬼を生み出す散は一見悪役以外の何者でもありませんが、物語が進行していく中で散は物言わぬこの星の総ての生物の救(星)主として人類に対し宣戦布告したのだということが明らかになります。地球を汚染し尽くした人類を絶滅させもう一度青い地球を取り戻すというのが散の目的であり、願いでもあります。この作品のテーマの一つは人類の救世主、覚悟とそれ以外の総ての生物(地球含む)の救星主、散による守護者としての戦い、つまり人類V.S.地球という究極の対決の縮図がここに展開されるわけです。
 どちらが正義でどちらが悪なのか、決して答えの出ない問いを背負って戦い続ける兄弟二人。この時点ですでに「正義は一つでは無い」などという回答も出ているのですが、二人はお互いの背負うものを放り捨てる事無く死闘を繰り広げます。
 この愚直なまでに己の意思を貫き通すという理念、これは『覚悟のススメ』全登場人物について言える事であり、一見グチャグチャに見えるこの作品を決して瓦解させる事無く繋ぎ止めている見えない鎖となっているのです。
 この作品は王道でありながら異端であり非常に90年代的な手法で描かれています。過去の作品へのオマージュを散りばめ、ちょっとした漫画読みの方ならすぐに判るような元ネタ、そして当時やたらと騒がれていたエコロジー問題などにも抵触しています。つまり、70年代の熱血路線漫画を現代風に解釈した、と捉えることも可能なわけです。
 無論80年代にもそのような漫画が無かったわけではありませんし、『覚悟』と同様のテーマを扱った作品はそれこそメディアを問わず山のようにあるでしょう。
 しかし、凡百の作品と『覚悟』が一線を画す最大の特徴として、やりすぎとも思える突き抜けた表現を無造作に放置しておきながらも、破綻する事無く最後まで突き進んで行ける物語の強度、つまりこの作品の完成度の高さを、誇張した表現を頻出させることにより逆に提示している所にあります。ある意味懐の深さを感じさせる仕組みです。
 『覚悟』が話題になってから、数々のパロディや、まあ言ってしまえばパクリのような漫画を様々な場所で見かけるようになりました。しかしどれもこれも『覚悟』の上辺の新奇さだけをなぞったり、台詞回しだけを無闇と真似たものばかりで、真なる意味で『覚悟』を超えた作品は今のところ皆無であるというのが現状です。しかし、『覚悟』は少年誌表現の限界まで挑戦した作品であり、それを超えるものとなると、これはもう疑い無く傑作と呼んでよい作品であると思われるので、それも無理からぬ話なのかもしれませんが。
 とにかく、『覚悟』は同時代の『新世紀エヴァンゲリオン』とスタイルとして共通する点を持ちながらも確実に異なる作品としてなお90年代を代表する作品であり、エンディングにはその差が如実に現れています。
 散との最終決戦を終えた覚悟と罪子を出迎える全校生徒たち、覚悟は照れ隠しか決意表明か、瞬時に零を身に纏い、罪子を抱えて最後の名台詞を力強く唱えます。
 「君がいる限り、戦い続ける!!」
 今現在、ここまで前向きで肯定的な台詞を言い切れる主人公っているのでしょうか。
 既に21世紀に突入して2年半、『覚悟』の登場が94年だったことを考えると、そろそろ新しいヒーローが登場してもおかしくない筈なのですが、果たしてどうでしょう。既に僕達の前に姿を現しているのかも知れませんし、機が熟すべき時を待っているのかも知れませんね。

(真縞)
| 真縞 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |