CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 覚悟のススメ(山口 貴由) 全11巻 秋田書店 | main | 12色物語  (坂口 尚) 全1巻  講談社漫画文庫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マンガ家こいずみまり
超お久しぶりです、ナカムラです。多作で数々の雑誌でお見受けする作家こいずみまり、について取り上げたいと思います。

 彼女には「絵が致命的に下手・世間一般にブレイクしたのはムチャな低俗マンガ・作品に独自の空気を持つ」という特徴があります。
低俗マンガといえば西原理恵子ですが、僕はこいずみの出世作「コイズミ学習ブック」をただの『まあじゃんほうろおき』フォロワーのようなマンガと捉えていました。理由は絵が下手だし下品だから。しかし彼女の他の作品も読んでみたところ、この両者の共通項に気づきました。

 西原理恵子には強烈なクリエイターとしての源泉があります、高知の漁村での幼少
時代と不良の中高時代です(『ぼくんち』・『ゆんぼくん』・『晴れた日は学校を休んで』参照)。彼女はその体験や教訓を糧にしてストーリーを読ませる作品を仕上げていき、作品を積み重ねることで世界を洗練させていくマンガ職人でした。

さて、こいずみまりは限りなく西原的な漫画ウェイを歩んでいます。
1 ストーリーを進ませることのみに重点をおくスタイル
 絵にはあまりこだわらず、ただひたすらにストーリーを転がしていく。絵に労力を割かないしほとんど4コマで進行していく。
2 作品の中の空気感の確立
 おそらくエロマンガにありがちな多作ゆえの読者に与える心地よさと似ている。美大→広告系職種のコンボというデビュー前のキャリアの影響あるんでしょう。クリエイタ肌のふわふわした
性格の人が作中にやたら多い。

 この手の作家は限りなくブレイクしづらいのかもしれません。絵でグイグイ引っ張れるわけでもなく、ストーリーもきわめて単調だし地味。実際、両者とも世に出たのは実録モノ体当たりマンガなわけで自分の本当の戦場ではない。けれどもそのチャンスをモノにしたから彼女達の作品は人々の目にとめることに成功したのであり、ひとたび読者を引き込めば漫画はどんな形でも読まれるし評価されるってことを証明してるのではないでしょうか。

 そして彼女はまだまだ現役。
『CUT×OUT』では短編ながらも「1P=4コマ×2」パターンを捨て、コマ割りをフツーの漫画と同じにしてみようと試みているし、『LET IT BE』では上の2で挙げた彼女の得意分野もブチ壊し、桜小路さんという萌えキャラさえも作り上げてしまった。
長編『ジンクホワイト』は名義を変え、4コマとフツーマンガの融合を図っています。おそらく『健全恋愛ライフ』直系の漫画といえるでしょう。

 彼女の漫画は落ち着いた世界を描く新鮮味のない少女マンガのようなものかもしれません。でも彼女には作家としてどう転んでいくかわからない未知数の要素がある。僕としてはその過程を楽しみたいし、待てない人は一旦その存在を忘れて傑作が出るのを待っていてもらいたい。

 本当は作品ひとつをとりあげたかったのですけど、自分にそれを書ききるだけの経験
とかが僕にはなかったんでこんな形にしてしまいました。
次回は通常形式にもどさせていただきます。それではまた。

それでは。
(ナカムラ)

| ナカムラ | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yomiman.jugem.cc/trackback/12
トラックバック