CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ワイルド7 望月三起也 | main | 覚悟のススメ(山口 貴由) 全11巻 秋田書店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
業田良家『自虐の詩』
えーみなさまこんばんわ、ハリでございます。
今日はいつもと少し文体を変えまして、そしていつものようにマイナー漫画を紹介していきたいと思います。

さて今回はいつもよりは幾分、メジャーな漫画をセレクトしてみました。
業田良家の『自虐の詩』です。これ売れはしなかったし、今じゃ文庫版くらいしか見かけないという、なんというか、例によって不遇な漫画ですが、評価は高いんですよね。ちょっと漫画レビューサイトとか、ベスト100を選ぶサイトとかいくと、大体、褒められてる。好きな人が多いんですね。でもマイナーなんです。有名な話でこの作者がヤンマガのパーティーに顔だしたら社長に「まだ君は漫画描いてるのかい」と言われたことがあるそうです。まだ連載中にです。それくらいマイナーなんです。
その理由簡単です。地味なんですね、この人の漫画は。それでいながらずっとずっと読み進んでいくと最後に大きなカタルシスが待ってる。読み終わった時、大きな感動があるんです。そこなんです、人気は。だから『自虐の詩』といえば、凄く好きだという人と全く知らないって人と両極端なんですね。マイナーであり、同時にすっごく評価が高い。今回、紹介する漫画はそんな作品です。
幸江とイサオ、二人の中年男女がこの漫画の主人公です。地味ですね。この二人、同棲はしてるけど、結婚はしていない。幸江は食堂で給仕の仕事をしていて、イサオは毎日、家で酒を呑んで働きもしない。しかも幸江に暴力を振るう、なにかというとちゃぶ台をひっくり返す。このちゃぶ台をひっくり返すのが毎回のオチなんですね。あ、言い忘れましたが、この漫画、4コマ漫画です。つまり働かない男と幸薄い女の同棲生活の4コマ漫画なんです。売れそうにないですね。
さて、これは『自虐の詩』に限らず、業田良家の漫画の全編に言えることなんですが、この漫画、「幸江が何かを言う、イサオがそれに対してちゃぶ台をひっくり返す」という一連のパターンの繰り返しから始まるんです。常にネタは一つなんです。例えば『良家童話』だったら、「ステテコ姿の源さんが総理大臣になったら」というネタであり、『詩人ケン』であったら「無職のパンク詩人の日常」というネタのみで構成されているわけです。一つのネタの繰り返しなんです。
だから『自虐の詩』もしつこいくらい、繰り返し繰り返し、幸江とイサオの生活の4コマ漫画が続くです。繰り返し、これ大事です。業田良家って人は常に風呂敷は小さく広げるところから始まるんです。『良家童話』が最初、一発ネタの漫画だったのが、繰り返しされていくうちに日本でも有数のポリティカル漫画に発展してしまったようにですね、最初はそんな壮大な物語になるようには見えないんです。
『自虐の詩』も同様です。お約束ギャグが繰り返されていくうちに、幸江やイサオやそのまわりの人々がどんどんどんどん掘り下げられて描かれていくんです。彼らは何を考えているのか、どんな半生を過ごしてきたのか。そういう人物描写が、やはり繰り返し繰り返し行われてくんですね。そして最初は薄っぺらだった人物が次第に色濃く、そして切実にその姿を表していくんです。人間を描く。これがこの人の漫画の一番の魅力なんです。ありきたりな4コマギャグが繰り返されていくうちに、人間像が確率されていく。こんな4コマ漫画書いてる人、他にいませんね、キャラクター4コマ書いてる人、いっぱいいますけど、誰も業田良家のようには書きません、ある程度、読者とのなぁなぁの中で掘り下げるという作業を放棄してしまいます。業田良家はそれをしません。読者との関係とか忘れてひたすら掘り下げるんです。おかげでこの人の漫画は力がありながらも地味なんですね。延々と繰り返すだけですから。でも、その人、人、人を書く漫画、これが凄いんです。
『自虐の詩』地味ながら読んでみて下さい、きっと最終回泣いてしまいます。私、これ読むたびラスト泣いてしまいます。ものすごいカタルシスが身体包むんです。ああいい漫画読んだなぁって。最終回のはついに4コマ漫画の体裁が崩れてきます。4コマ目が落ちなくて、そのまま次の1コマに繋がってくようになります。でもこれが踏み越えなんです。繰り返されてきた積み重ねがついに4コマ漫画のリズムすら踏み越えてしまうんです、それが不自然じゃないんです。この素晴らしい幸江とイサオの話、是非読んで下さい。
はい、今日は業田良家の『自虐の詩』でした。
それではサイナラ、サイナラ、サイナラ。


(ハリジャンぴらの)
| ハリジャンひらの | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yomiman.jugem.cc/trackback/9
トラックバック